2011年10月24日月曜日

熊本県議会環境対策特別委員会管外視察

10月19日から10月21日にかけて
熊本県議会環境対策特別委員会管外視察が行われました。
現在、県が進めている南関町での産業廃棄物最終処分場計画に
関して、北海道の帯広で近年開設されたクローズド型の
一般廃棄物処理場「うめ〜るセンター美加登」運営と問題点の
視察をいたしました。
そこで、一番の問題は、塩素系の製品から出る大量の塩分の処理が
全国的にも解決されてないと言う事で、このことは、このような
関連施設が横の連携をとって研究して解決していかなけらばならない
痛感しました。
北海道バイオエタノール㈱十勝清水工場の視察では、
環境にやさしいエタノールを製造するには、北海道の広範な
農地に於いても原価的にかなりの行政の助成がなければ
成り立たない現状であることがわかりました。
詳細の報告書は、後日改めて、掲載いたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

<< ホーム